2019.4.13

強欲な僕は今日も所属するクラブの新歓に乗じて飯をおごらせ、部の財政状況を圧迫するなどと不遜の限りです。そろそろ新歓飯代に限界が来るとのことでそのヘイトはもちろん実家勢のくせにハンバーグオムライスカツ丼ラーメンサイゼリヤマーボー豆腐を奢らせた僕に向かいます。飯代が尽きたと同時に僕の命も尽きる予感。明日から僕の夕食は部の先輩方の靴を嘗めることとなるかもしれませんね。

ところでご飯と言えば僕は米粒一つ残さずいただくという信条を持っています。これというのも僕の記憶では母から「ご飯粒一つのこしたらそれにつき一本指を詰められる」と仁義なき約定を言い渡されたからです。しかし今朝母に聞いたら母も姉も覚えがないとのこと。僕はもしかすると何か悪魔とそういう契約をしたのではないかと思い明日からより一層ご飯粒を残さない所存です。靴墨にも適用されますかね。

コメントを残す