2019.7.1

ASMR音声のためにBluetooth耳掛けイヤホンを買いました。

こんにゃん

にゃにこれ

なぜこんなヘッドホン業界から石を投げられ、イヤホン業界にはみられる中途半端マシィンを買ったかというとそこには当然の論理的理論があるのです。ろんりてきりろん?

ヘッドホンはつけたまま寝れません。添い寝ボイス立ちながら聴くんか?ん?あ?

イヤホンは立体感が足りません。イヤホンでは耳かき音声は満足しますが、

「うわ!僕の横で寝てる!いまだきしめるよ!!だいしゅき!!!!」ガタンゴトン←床に落下

なんてことは人間には起こり得ないことなのです。

あと、仮にコード有だとしましょう。そのまま音声を聞いて寝落ちするとコードが首に絡まり首が絞まるか、コードが切れて僕が絶望して首を吊るかの二択です。

その点、このイヤホンは、

  • 耳掛けイヤホンは音に開放感があり、隣にいる人に囁かれてる感じになる
  • 大きくないので寝ながらつけられる
  • カナル型のようにイヤホンからこの世の悪を煮凝ったごとき悪臭がしない
  • コードレスなのでぐえーってならない

このイヤホンはベストアンサーに選ばれました。一方でデメリットとして、

  • 種類が少ない(jvcかよくわからん中国企業)
  • 音漏れしやすいので、外で聴くと場合によっては事情聴取ASMRが聴ける
  • これがなぜかコードレスどころではなくイヤホンレスでも聴こえるんですよね

まあ満員電車とかで隣に太ったおっさんとかがいる中でバイノーラル耳舐め音声とか聴く人は強く生きて。

コメントを残す