2019.7.5

天然水うめソルティ味があるのですが夏始まってそうそうにこの夏の王者に決定しました。最高にまいうーです。

生協のショップで見つけたのですが買って飲んでみたら店の前に出た瞬間にもう飲み干しているのです。訓練されていない人間にあの飲み物は危険です。常人はこの飲み物の前では無力であり、毛穴からうめソルティ天然水が出てくるまで摂取し続けることになります。その毛穴から出てきたうめソルティがまた、他人を魅惑するので一種のバイオハザードが起こります。ひえ〜っ!恐ろしいのであと10000000000本だけ飲んでから帰ることにしたかったのですがふぁっきんしほんしゅぎのせいで僕の財布の軽さが主張を始め、帰宅に成功しました。

無事、うめソルティの過剰摂取を耐えて家に戻ったわけですがどういうわけか震えがとまりません。次の日、僕は珍しく早起きをして大学生協へと足早に向かいました。そしてうめソルティに震える手を伸ばし――――

「うめソルティが……ない……?」

『うめソルティ中毒の男の手記』第一話 完

コメントを残す