2019.7.10

久しぶりに昔使っていたphsを見つけました。充電器につけると普通に電源がつきます。つまり中身もまだ見れるということですね。

とりあえずなんとなくメモ帳を見ているとふとこんな文言が目に入ります。

光に生きる者には光は希望で闇は絶望だが、闇に生きる者には闇は希望で光は絶望でしかない

はっ…はっ…はっ…はっ…はっ…あ゛っ…!(絶命)

蘇生してしばらくphsに溜まった文書データを眺めます。大量に出てくる詩と自作小説は死と自殺衝動です。データの閲覧にパスワードをかけて引き出しに叩き入れました。

その後、あるものを見て涙が止まらなくなりました。あるもの――このブログ。人間は、いや、僕はつくづく成長しない生き物なのです。

コメントを残す