2019.11.5

プリッツが大学で安売りしていたので、おにぎりとプリッツを鴨川を眺めながら食べていたんですけど、二限の時間に虚無な表情でプリッツを食べているとまるで絶起した大学生みたいに見られてしまい、図星なので早々にして大学へ戻りました。

プリッツ食べながら大学へ戻っていったんですけど信号待ちの時間についプリッツの袋の口を下に向けてしまっていました。地面を見るとプリッツが落ちていて、もったいないので急いで拾って食べたらただの木の枝でした。周りの目もあって、木の枝を食べたと悟らせないように平気な顔をしてクラシックパームで木の枝を隠したのでどうにかバレずに済んだはずです。小学校の時に出し物でマジックのためにクラシックパームを練習したおかげです。皆さんもプリッツを拾い食いするときは木の枝でないことをよく確認してからいただいてください。

コメントを残す